日焼けサロンの注意点

日焼けサロン ヘヴンリー HOME » STAFF BLOG » 日焼けサロンの注意点

日焼けサロンの注意点

日焼けマシーンの製造メーカーは、「マシンの光線は有害な紫外線をカットしているため肌に優しい。」としているが、あくまでも太陽下などとの比較上の話であり、過度な使用は害になることに変わりはない。2005年3月、WHOはノルウェー、スウェーデン、アメリカ合衆国におけるデータを元に、弱年齢者 特にメラニン色素の少ない人の場合は、日焼けマシーン用の紫外線ランプは紫外線のB波比率が高い物があるため 過度に浴びると(海外では30分焼くこと自体異例で普通10-15分)皮膚に悪性腫瘍(ガン)が生じるリスクが高まるという分析を行い、EU連合で日焼け時間30分までの制限する法律ができ、USAでも州によってEUに協調し、さらに各国に日焼けマシンの使用自粛を勧告した。メラニン色素の少ない人達(俗に白人肌)は肌の表面を刺激しないと黒くならないと通説があるため海外ではB波ランプが好まれる、日焼け時間も5-10分で使用されるのがほとんどだが一部の人が30-40分焼いたり又毎日焼いたりといった使い方をする知識が不足したユーザーが多数いるため、規制の法律ができたと思われる。

日本でも多数の日焼けマシーン販売業者も日焼けサロンオーナーも紫外線のB波ランプの取り扱いが正しくできず、紫外線ランプのB波の強い(B波比率2.5%を超える物)を、上級者用?プロ用?と地域ナンバー1?と、よく焼ける、強い、黒くなる、と説明し、皮剥けしながらも我慢して焼けば強くなる黒くなるとまで断言する場合がほとんどであり、ヒリヒリすれば焼けた、赤くなったので焼けた、などと本来の日焼けサロンの使用方法、黒くなる目的を逸脱しており、紫外線特にA波B波に対するサンタンとサンバーン紫外線UVA UVB UVCの作用、効果及び、メラニン色素の多い人、少ない人のそれぞれの客に対する接待方法、また正しい知識とまたリスクを客に説明できる様、販売業者と経営側従業員(アルバイト含む)相方に早急に広める必要がある。

低出力日焼けマシーン、W(ワット数の少ない)に、B波比率が高い紫外線ランプを装着するだけで、最強日焼けマシーン導入と宣伝し、最高級日焼けサロンと偽り、単価を低く設定し、営業する店舗も存在する、日焼け先進地域、EU、各国では2009年からB波比率の高い商品を、不必要、危険商品として法律的に中止される。 人体に劇的に効果のある商品だからこそ、消費者に知識(リスクを含め)とスキルが必要不可欠で、製造者、販売者共にリスクを最小限に留める、努力が絶対的に必要で不可欠ある。努力を怠れば、(このままの営業を続ければ)事故が起き次第、法律規制 (EUの各国のように)なることが大きく懸念される。

フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia) 「日焼けサロン」より抜粋 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%84%BC%E3%
81%91%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3

日焼けサロン&酸素カプセルのヘヴンリー
http://www.heavenly.jp/

マスターサン360 MASTER SUN 360 最新型日焼けマシン
日焼けサロンのご利用案内
日焼けサロンの注意点

パーソナルトレーニング

ファンクショナルトレーニング
ダイエット 筋トレ