重大なお知らせ!人体への悪影響とリスクと問題点

日焼けサロン ヘヴンリー HOME » STAFF BLOG » 重大なお知らせ!人体への悪影響とリスクと問題点

重大なお知らせ!人体への悪影響とリスクと問題点

太陽光に含まれる紫外線のうち、地表まで届くのはUVA(長波長紫外線)とUVB(中波長紫外線)である。このうち、日焼けにより色素が皮膚に沈着するのはUVAによる効果であり、UVBによる日焼けでは、皮膚は赤くなるだけで色素沈着が起こらない。

従来は、地表に届く紫外線のうちUVBにだけ発がん性があると考えられていたが、世界保健機関の外部組織である国際がん研究機関が2009年に行った発表で、UVAにもUVBと同じように発がん性がある事が確認されたと述べた。

しかし、これらは自然光(太陽)による日焼けの事例であり、日焼けサロンにはほとんどあてはまらない。学者や医師は、日焼けに対して(天然か人工かを問わず)シミ、そばかすを増やし、皮膚を老化させ皮膚癌や白内障の発症を誘発し、皮膚の免疫力までも低下させる行為としている[1]。

アメリカ合衆国では、カリフォルニア州では、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」を14~18歳の若者が使うことを全面的に禁止する法案可決成立し、ブラウン知事は2011年10月9日署名し発効した。 カリフォルニア州上院のテッド・リウ議員はCNNとのインタビューで、07年にも同様の法案を出したが可決されず、今回ようやく成立にこぎ着けたことは「非常にうれしい」と述べた。また、同法によって「多くの命が救われ、不要な苦しみが避けられることを信じている」と語った。 [2] [3]。

日本国内においては、2010年1月13日には、日本テレビ放送のテレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で日焼けサロンに通いつづけた女子高生が毛孔性紅色粃糠疹になったとする事例が取り上げられた [4]。

しかし、日焼けサロンの利用と毛孔性紅色粃糠疹の因果関係は医学的に証明できていない[5]。

マスターサン360 MASTER SUN 360 最新型日焼けマシン
日焼けサロンのご利用案内
日焼けサロンの注意点

パーソナルトレーニング

ファンクショナルトレーニング
ダイエット 筋トレ